外壁塗装の豆知識

建物を保護する役割を持つ外壁塗装を行うにあたり、注意が必要なことがあります。通常は外壁塗装の施工としては二層式を取ることになりますが、その最初の下地処理において、いかに丁寧に行うかが二層目のコーティングを長持ちさせるかにつながってきます。塗り直しであれば、前の塗装をきちんと落とし切れているかどうか、高圧洗浄によって汚れを綺麗に落としているかが大きな鍵となります。 そして防水加工もきちんと行うことによって、コーティングとなる塗料は長く建物を守ることができるわけです。そしてまた、そのコーティング塗装も極力厚めに塗ることが大切です。薄いとヒビが発生しやすくなり、隙間から雨水が入りやすくなり躯体を腐蝕することになります。

外壁塗装は日々進化を遂げています。現在主流となっているのが、紫外線防止機能を高めた塗料によるものですが、これは耐久性を高めるものとなります。塗料は紫外線を受けることによって劣化し、ヒビを発生させることになるわけです。さらに地震の揺れによるクラックの発生によっても亀裂が生じて、雨水が入り込むことになります。 さらには、このような高機能な塗料を使用した外壁塗装には、それなりの技術が必要となります。経験の浅い職人の場合は、多くが塗りやすくするために塗料を薄めるのですが、高機能塗料は薄めてしまってはその良さを発揮することができなくなります。そのために、経験豊富な職人のいる塗装業者を選ぶことも大切となります。